自宅を留守にするのならリロケーション物件として活用しよう!

男の人

こだわりすぎに注意しよう

マンション

不労所得を得て脱サラを考えている人は少なくありません。そして、そのように考えている人の多くがマンション経営を始めます。最近では、マンション経営に関するセミナーも数多く開催されており、マンション経営が広く認知されてきました。その影響もあって、投資用マンションや1棟マンションの価格も上昇しています。価格が上昇していくのをみて、いずれ下がるから今はまだマンション経営を始める時期ではない、と考えている人もしばしばみかけます。年間利回りだけ見ると確かに年々下がっていますが、マンション経営の長所は長期間にわたって安定した収入を得られることです。仮に今後5年の間に価格が20%下落していたとしても、一方で年間6%の利回りを得ることができていれば、差し引き10%の収益を得ていることになります。そのため、少しでも早く始めることが成功への近道と言えます。また、物件価格が下落しているということは経済環境が悪化している可能性が高いです。このような時期は金融機関はマンション経営に対する融資に消極的になりがちです。つまり、いくら物件価格が安くなっても、資金調達が難しくなれば、マンション経営をするための物件は現金一括で買わざるを得ません。全額自己資金で行っていくマンション経営は、効率が悪く、資産を加速度的に増やしていけません。物件価格にあまりにこだわりすぎると、マンション経営で成功するのはかなり難しくなります。物件を購入できる時に買っておきましょう。